CS60 01-275EM

KaRaDa・Q/カラダ・キュレーション

カラダからライフデザインするキュレーションサイト

CS60とは

 

f:id:maryuchian:20190710001155j:plain

 

CS60とはなんだろう?

 

CS60という名称

「CS60」は 60兆個の細胞を自然に滑らかな状態にするという、Cell Smooth 60 trillion からつけられた名称。

 

人間の細胞数を60兆個と言われてきました。

現在では60兆個ではないという見方ではありませんが、みなさんの人間の細胞への共通認識としての名称となります。

 

ではどんなものか見ていきます。

 

CS60の生まれた背景

開発したのは西村光久氏(写真左側)

f:id:maryuchian:20190710135109j:image

西村氏は発明家でもあります。

過去には建築関係のロボットの開発を始め多くの開発・発明をしてきた方。

 

非常に面白い事ですが、西村氏の発明は夢の中で答えが出てくるとか。

このCS60もアトピーの症状を治したいと洗剤や化粧品を開発していった延長で電気を取る事で症状が緩和することがわかったことから生まれてきたものらしい。

 

CS60の特徴

この CS60 は特殊な半導体回路を内蔵し、体の深いところにたまっている電流を抜 き取り、生体電流を整え、体内の老廃物を分解排出し、細胞を活性化させる健康施術器具です。

 

施術には多様な病気の方もいらっしゃいますが、厳密にはどのように改善しているかは解明されていず、製品が先で現在各種研究が行われているようです。

その中でも特に言われているのが「ミトコンドリアに直接働きかけ活性化する」という働きがあると想定されています。

 

私達の60兆個もの細胞の中に数百はあると言われている人間の発電所とも言えるミトコンドリア

発電して電気(エネルギー)が発生とは表現されますが、普通の電流とは違い、ATP(アデノシン三リン酸)を回転(電位移動)させることで発電しています。酸化還元電位 -150mV〜 -180mVのマイナス電位(アルカリ性)を発電します。

ATPは「生体のエネルギー通貨」とも表現されます。

電気の勾配をつくることでエネルギー通貨を流通させます。

 

ミトコンドリアは近年ブームでもありましたので比較的知られているかもしれませんが、ライフスタイルの影響などにより活性酸素が同時発生しやすくなることや、食事や運動でミトコンドリアの数自体も変化するのは認識されてきているのではないでしょうか。

 

 

CS60で起きていることはまだまだわからない事の方が多く正確な説明は難しいのですが、いろんな角度からこのCS60の可能性を探って書いてまいります。

 

先ずは理屈より体験してみるのが一番。

是非いらして下さい。

 

www.cs60meguro.com

 

cs60.jp

 

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

筆者:丸山  泰弘

薬剤師、カラダ・キュレーター

健康・レストランのコンサルタント

CS60(CS60目黒)
https://www.cs60meguro.com/

薬剤師の語る生活のタネ(カラダ情報)

http://taneya.hateblo.jp

Twitter

@taneyakumaru

『CS60』に出会って

f:id:maryuchian:20190709213825j:image

ブログを展開して行くにあたって、先ずは、

カラダ・キュレーションのなかで提供していくツールの「CS60」をなぜ使うようにしたか?を

私の簡単な自己紹介を兼ねて

 

 

私は約20年薬剤師として医療の現場で患者さんと触れてきた経験以外に、

もともと学生の頃バスケットボールに夢中で、成長期もあり膝の手術や怪我も多く、整形外科のスポーツドクターやスポーツドクターでもある鍼灸師などの影響を受けて医療現場に入っていったため、

薬というよりは何故病気になって何が病気を治しているのか?といった事を考えたり試していくのもライフワークとしてやってきました。

その中で、カラダの余計な電気(静電気や生体電流など)を整えることの重要性にたどり着き、アーユルヴェーダ東洋医学以上に健康作りにいいのでは?と試しに受けてみたところ、ビックリ‼︎

それまで鍼灸アーユルヴェーダでも変化がなかった肩の痛みが一気に軽減し、花粉症の症状が消え、10年抱えていた原因不明のしこりが気がついたら消えていました。

 

これは凄い!

受けるだけじゃなくて、購入して家族の健康用にしなくては!と感じ、契約し技術講習を受けました。

そこでも改めて感動や驚き続きでした。

ちょうど令和になったタイミングあり、このCS60を通して周囲の健康に役立たせてほしいと思い立ち、家族のみならず周囲に実践していこうと決めました。

 

当面薬剤師と半々で実践して医療の現場で得られたデータも一緒に提供していけたらと考えています。

 

CS60に関しては次回私なりの目線で書いてみたいと思います。

 

下の写真はCS60の開発者の西村先生とのものです。

f:id:maryuchian:20190709213754j:image

始めまして

こんにちは

カラダのタネ屋の丸山です。

 

このブログは私がカラダの探求と医療での実践を積み重ねてきた経験を活かしながら

「未来のカラダの健康」をテーマにライフデザインの実践を提供していく為の内容となります。

 

現時点の目的としては

  • カラダから余計な電気をデトックスして生体電流を整えていく「CS60」というツール
  • カラダと宇宙の周波数を調律していく「O1-275ME(オールワン  )」というツール

の二種類を用いながら

  • 日常では体内時計をベースとした「KaRaDa・TIMES」というソリューション

などを組み合わせ

今から未来の健康、そしてそれを実現するライフスタイルをキュレーションしていく場としています。

 

そこで、他のブログではカラダのタネ屋と称してますが、ここでは「カラダ・キュレーター」などと名乗って参ります。

 

情報としての「薬剤師の語る生活のタネ」や「KaRaDa・TIMES」も併せてよろしくお願いします。